【2014年~2015年】人間椅子日記その8(無頼豊饒)

スポンサーリンク

前回の【2012年~2013年】人間椅子日記その7(萬燈籠)

僕が人間椅子のファンになった2000年頃から、当時のことを振り返ろうという記事の8本目である。今回は2014年から2015年についてだ。

2013年、オジー・オズボーンが主催する音楽フェス、OZZ FEST JAPAN 2013への出演により、人間椅子への注目度は大きく高まった。

そしてバンド生活25年の節目の年と重なり、活動規模が大きくなっていった。人間椅子が飛躍していく、まさにそんな激動の時期に入り始めた2年間を振り返る。

メディアでの露出も大幅に増えたため、公式に紹介されたウェブインタビューや動画等をできる限り集めてまとめる意味も込めた記事となった。

スポンサーリンク

2014年の出来事と感じていたこと

人間椅子の活動25周年の年であり、2013年の大躍進が後押ししたことで、活動が目白押しだった1年だったように思う。

今、2014年のスケジュールを見てもそれほど極端に多いように見えないかもしれない。ただ前年までと比べると、かなり多くなっている。

そんな激動の2014年を振り返りつつ、感じたことを書いておきたい。

ワンマンツアー「バンド生活二十五年 ~ 猟奇の果 ~」

2013年にはアルバム『萬燈籠』が発売され、その発売ツアーも大好評のうちに終わった。ソールドアウトとなった会場もあったことから、追加公演的な位置づけで3か所のツアーが組まれた。

ツアー日程は下記の通りだった。

  • 1/15(水)大阪 ROCKTOWN
  • 1/16(木)名古屋 Electric Lady Land
  • 1/18(土)東京 Shibuya O-EAST

前回のツアーでは、東京2Daysともに満員御礼となったことから、会場がO-WESTから向かいの大きなO-EASTへと移った。

そしてO-EASTでも満員御礼となっており、この当時の人間椅子の勢いの凄さを思わせる。筆者は今回も東京公演に参加している。

年始すぐのライブであったこともあり、おめでたいムードに包まれたライブだったように記憶している。

1曲目の「新調きゅらきゅきゅ節」では、バンド全体で盛大に音を鳴らした後に、和嶋氏のアルペジオへと移るアレンジが加えられていた。

3曲目「りんごの泪」は東京公演のみ、確か中間部の和嶋氏の語りの部分ではアレンジが加えられていたように記憶している。

またマーシャルアンプも、いつもより多めにセッティングされていた。スペシャルな演出の多いライブだった。

またこの時期はベスト盤に収録された楽曲から演奏されることが多かったが、今回はレアな曲が多めだった。「爆弾行進曲」「九相図のスキャット」「踊る一寸法師」などは久しぶりに演奏された。

アンコール最後にはバンド「BEST FUNDOSHIST AWARD 2013(ベストフンドシスト賞2013)」を受賞したことを報告。おめでたい話題が続くライブであった。

なお次作『無頼豊饒』にライブの一部がDVD収録された。やはり記録に残したくなるような、勢いのあるライブだったように思う。

ライブレポートも多数公開されている。

・BEEAST

人間椅子 「バンド生活二十五年 ~ 猟奇の果 ~」 | Web Rock Magazine BEEAST
2014年1月に追加公演的に東名阪ワンマンを開催!最終日は渋谷O-EASTにて!

・Marshall Blog

人間椅子 『バンド生活二十五年 ~猟奇の果~』
こんなことを書くと「あまりに図々しい!」と呆れる読者もいらっしゃるかもしれないが...

・ナタリー

人間椅子25周年ライブ盛況「武道館の最高齢記録目指す」
人間椅子が東名阪ワンマンツアー「バンド生活二十五年 ~猟奇の果~」のツアーファイナルとして、昨日1月18日に東京・TSUTAYA O-EASTでライブを開催した。

1/18「バンド生活二十五年 ~ 猟奇の果 ~」@Shibuya O-EAST

no. タイトル
1新調きゅらきゅきゅ節
2爆弾行進曲
3りんごの泪
MC
4時間からの影
5怪人二十面相
6九相図のスキャット
MC
7ねぷたのもんどりこ
8品川心中
MC
9黒百合日記
10冥土喫茶
MC
11踊る一寸法師
12相剋の家
MC
13蜘蛛の糸
14天国に結ぶ恋
15針の山
En.1
16猟奇が街にやって来る
17地獄風景
En.2
18どっとはらい

人間椅子倶楽部会員でなまはげMV撮影に参加

前作『萬燈籠』から、あまり期間が空かずに、新曲のMV撮影をするという情報が入ってきた。今回はなんとファンクラブ会員が観客となる疑似ライブ形式というものだった。

会員でない同伴者も参加できるとのことだったので、実家の母も上京して参加することになった。

日程は5月15日、場所は高円寺HIGHでの開催だった。高円寺HIGHはあまり人間椅子はライブを行っているイメージはないが、アイドルのライブなどが多いイメージだ。

整理番号はかなりいい番号で、10番台だったように記憶している。ほぼ最前列を陣取ることに成功、そして、こんな機会もないので、母により前の方に行ってもらった。

今回は一切生演奏によるライブはなく、新曲「なまはげ」をメンバーとともに聴いた上で、当て振りでの演奏で疑似的なライブを行う方法だった。

しかし通常のライブさながら、大いに盛り上がった。そして「なまはげ」という凄い名曲ができたな、という感動に包まれた熱狂が感じられる現場だった。

ちなみに完成したMVを見たところ、後半部分で観客入りの映像が多く使われており、筆者と母も映っている様子が確認された

・完成したMV

人間椅子のファンだけが集う場所で、人間椅子メンバーとまだ発表されていない最新曲を一緒に聴き、盛り上がる空間は素晴らしかった。

・BARKS:人間椅子、ファンと熱狂のMV撮影&ニューアルバム『無頼豊饒』詳細と浮世絵ジャケット公開

人間椅子、ファンと熱狂のMV撮影&ニューアルバム『無頼豊饒』詳細と浮世絵ジャケット公開 | BARKS
2014年、“バンド生活25周年”を迎えている人間椅子が6月25日にリリースするニューアルバム『無頼豊饒』のジャケット写真および、収録曲等の詳細を公開した。また、昨日5月15日には都内ライブハウスにて、アルバム収録...

18thアルバム『無頼豊饒』発売

  • 発売日:2014年6月25日
  • 発売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • メンバー:和嶋慎治 – ギター・ボーカル、鈴木研一 – ベース・ボーカル、ナカジマノブ – ドラムス・ボーカル
no. タイトル作詞作曲時間
1表徴の帝国和嶋慎治和嶋慎治5:36
2なまはげ和嶋慎治和嶋慎治6:22
3地獄の料理人鈴木研一鈴木研一4:24
4迷信和嶋慎治和嶋慎治5:00
5生まれ出づる魂和嶋慎治鈴木研一4:58
6悉有仏性和嶋慎治和嶋慎治6:15
7宇宙船弥勒号和嶋慎治ナカジマノブ3:38
8リジイア和嶋慎治和嶋慎治5:35
9ミス・アンドロイド和嶋慎治鈴木研一5:00
10グスコーブドリ和嶋慎治和嶋慎治3:49
11がらんどうの地球和嶋慎治鈴木研一5:26
12結婚狂想曲和嶋慎治和嶋慎治4:13
13隷従の叫び和嶋慎治和嶋慎治7:20
合計時間67:42

「なまはげ」のMV撮影の興奮から、あっという間に18thアルバム『無頼豊饒』の発売を迎えた。前作から1年も経たずにリリースするところに、この時期の人間椅子のテンションの高さが窺える。

いつも各曲のタイトルだけを見た時に、そのアルバムの印象を考えるのが好きだった。今回は「あまり毒々しいタイトルは少ないな」と思った記憶がある。

ふたを開けてみれば、その読みは当たっていたとも言える。全体的に和嶋氏の考え方が歌詞に色濃く反映されたアルバムで、和嶋氏の突き詰めていた歌詞の1つの頂点とも言えるアルバムだ。

その分、『無頼豊饒』というタイトルの難しさから来る通り、やや観念的な曲が多い。”『萬燈籠』の延長線上にある”とインタビュー等では語られていたが、それは曲調のみに当てはまる。

歌詞や世界観は、前作からより和嶋氏の描きたい世界観を存分に広げたものと言える。そのため鈴木氏のカラーが引っ込んだアルバムと言う印象もある。

YouTubeにはレコーディング時の映像をまとめた映像が出ているのが面白い。

・ダイジェスト映像

話はガラッと変わり、今回はインストアイベント2つに行きたかったため、実家の分と2枚買った。発売日前日、下北沢のディスクユニオンと渋谷のタワーレコードをハシゴしたのを思い出す。

そしてディスクユニオンの店内では新譜が流れていた。今でも覚えているが、店に入った時に流れていたのが「ミス・アンドロイド」。

いかにも鈴木氏らしい曲で、人間椅子は根本的には変わらないな、と感じた瞬間だった。

なお本作収録の「地獄の料理人」が、第21回日本プロ音楽録音賞優秀賞に選ばれている。

マスタリングエンジニアの菊地功氏、ミキシングエンジニアの内藤”Teru”輝和氏と、長らく人間椅子の作品に携わってくださっている方々である。

※BEEAST:制作途中のコメント

【NEWS】人間椅子、新譜レコーディングは順調!?メンバーよりコメント到着 | Web Rock Magazine BEEAST
レコーディングは順調? ニューアルバム『無頼豊饒』レコーディング真っ只中の人間椅子よりメッセージ ※特集ROCK SAMURAI STORY ソロインタビューを公開中! Photo: KASSAI (3PO DESIGN WORKSHOP) 人間椅子の通算22枚目のアルバム『無頼豊饒』(読み:ぶらいほうじょう)が6月2...

『無頼豊饒』のジャケット塗り絵コンテスト

新作『無頼豊饒』のジャケットは、浮世絵を模したような特徴的なデザインだった。そんなジャケットにオリジナルの色付けをしてみよう、という人間椅子には斬新な企画である。

このぐらいから、人間椅子でもこのような楽しげな企画が行われるようになった。かつてテレビ番組「人間椅子倶楽部」では、”できるかな?”企画があったようで、珍しいことでもないと言える。

下記のリンクから、メンバーのぬり絵を見ることができる。そして優秀賞と参加賞が選ばれることとなった。

「無頼豊饒」リリース記念!「ぬり絵」コンテスト作品発表 / 人間椅子 - 徳間ジャパン
レコード会社、徳間ジャパンコミュニケーシ...

残念ながら筆者はどの賞もとることができなかった。とは言え、楽しい企画で思い出に残るものだった。

※筆者のぬり絵

『無頼豊饒』発売インストアイベント・展示企画「人間椅子 秘宝展」

今回は実家の分も2枚買って、インストア2つに参加した。インスタライブに参加することが多いが、今回は久しぶりに私物サイン会が復活したので、ぜひ参加したいと思った。

そしてタワーレコードでは展示企画も行われた。

まずはディスクユニオン下北沢店でのイベントである。イベント内容とイベントリポートは下記の通りだ。

・6月28日(土)20:00~ ディスクユニオン下北沢店

■イベント内容:私物へのサイン会。ギターや過去のグッズへのサインもOKです!

※イベントレポート

【レポ&インタビュー】人間椅子の私物サイン会に潜入! ファンが持ち寄ったアイテムとは? | Qetic
[人間椅子]レポ&インタビュー:人間椅子の私物サイン会に潜入。本に、ベースに、三味線!? ファンが持ち寄った気になる、私物とは? さらに『無頼豊饒』発売を記念して読者から募った質問を、人間椅子メンバーに聞いてみました!

このイベントでぬり絵を直接手渡すことができたので、メンバーに見てもらいながら渡すことができた。ツイートでも掲載してくださっている。

サイン会では、この時に持っていったのは、シングル盤の『刀と鞘』だったと思う。ノブさんに「サインしていいの?」と聞かれたが、「もちろんです!」と答えた。

ノブさん在籍時ではない物ではあるが、逆に世界で1枚しかないであろうシングル盤になったので嬉しかった。ノブさんには気を遣わせてしまったとは思いつつ、貴重な機会となった。

※サインを入れてもらったシングル盤『刀と鞘』

続いて、タワーレコードでの恒例のインストアライブである。イベント内容と、ライブレポート2本は下記の通りである。

・7月5日(土)13:30~ タワーレコード渋谷店

■イベント内容:ミニライブ

※ライブレポート(ロケットニュース)

全てが一瞬にほとばしる! 超実力派ロックバンド「人間椅子」がインストアライブ敢行 / 怒濤のロックに身悶える
バンド活動25周年、一途なまでにロックを追求し続けてきた日本屈指の実力派ロックバンド「人間椅子」が、通算22枚目のオリジナルアルバム『無頼豊饒』をリリースした。そ …

※ライブフォトレポート(BEEAST)

【PHOTOレポ】人間椅子 『無頼豊饒』CD発売記念ミニライブ | Web Rock Magazine BEEAST
タワーレコード渋谷店地下1Fでのインストアライブを写真たっぷりフォトレポ!

当日は、メンバーのぬり絵が掲示されていた。

今回はかなりの大入り、参加券の配布が終了するほどだった。毎回このインストアライブはとても楽しみである。

と言うのは、普段のライブと異なり、バンドメンバーもライブで演奏するのが初めての曲のみで演奏され、その緊張感が伝わってくる。

見に来ている人たちも、まだライブの盛り上がり方が分からない状況で、真剣にライブを見つめる様子も居心地の良い空間なのだ。

今回はアルバムの始まり方と同じく「表徴の帝国」から。難しい曲だけに、必然的に硬めのスタート。しかし2曲目の「地獄の料理人」で一気に弾ける。

やはりライブの盛り上がりを引っ張っていくのは鈴木氏である。既にレア曲宣言の「ミス・アンドロイド」や、ヘビーな「隷従の叫び」など盛りだくさんのライブだった。

この日はアンコールが2曲の並びに。「迷信」「針の山」の並びは怒涛の盛り上がりである。

なお補足情報として、この時期くらいから和嶋氏の髪が伸びて、後ろで結ぶスタイルが定着した。まだ「なまはげ」のMVでは髪を結んでいないので、これらイベント頃から定着したようである。

no. タイトル
1表徴の帝国
2地獄の料理人
3ミス・アンドロイド
4宇宙船弥勒号
5隷従の叫び
6がらんどうの地球
7なまはげ
En.
8迷信
9針の山

最後にタワーレコード錦糸町店で行われた展示企画「人間椅子 秘宝展」について。文字通り、レアな人間椅子に関するものが揃っている。

写真OKのコーナーがあり、手元に残っていた写真を掲載した。

※展示のメインエリアの様子

※ライブのパネル写真

※和嶋氏の創作ノート、歌詞だけでなくフレーズのメモもあり大変貴重だ。

ベストフンドシスト賞を受賞した際の賞状

このような展示が大手CDショップで行われるようになったことが、感慨深かったように記憶している。

「帰ってきた人間椅子倶楽部」の開始

さらに人間椅子の活動は増えていく。かつて90年代に青森ローカルでテレビ放送されていた「人間椅子倶楽部」がネット配信番組で復活することとなった。

『萬燈籠』の頃よりインタビュー記事が出てくるようになったロケットニュースのサポートを受けて開始することとなった。こういったネット関連で、人間椅子の認知度は広がったように思う。

7/10(木)20時半~22時で放送された。ナタリーでは以下のような告知が出ていた。

伝説深夜番組「人間椅子倶楽部」ニコ生で復活
1990年代に地元・青森の青森朝日放送でオンエアされていた人間椅子によるローカル番組「人間椅子倶楽部」が復活。ニコニコ生放送に場を移し、7月10日20:30から第1回が配信される。

初回と言うこともあって、かなり手探りの内容。またネット配信に慣れていないであろうメンバーに考慮して、ロケットニュース佐藤氏が司会として入るのも、最初は違和感があった。

ただかつてユルい番組を行っていた人間椅子である。さすが初回からライブのMCで見せるようなほっこりした雰囲気を作り出している。

なお詳しい内容については、当ブログの下記の記事にまとめている。その後の番組も全てまとめた記事となっている。

ワンマンツアー『無頼豊饒』

アルバム発売、インストアイベントを経て、ツアーがいつも通り始まった。前回の『萬燈籠』が好評だっただけあり、今回も10本と多めのライブ数に気合を感じる。

8/20(水)仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
8/22(金)青森 Quarter
8/24(日)札幌 Bessie Hall
8/30(土)熊本 B.9 V1
8/31(日)博多 DRUM Be-1
9/3 (水)広島 HIROSHIMA BACK BEAT
9/4 (木)香川 高松 モンスター
9/12(金)大阪 梅田 Shangri-La(完売)
9/14(日)名古屋 Electric Lady Land
9/20(土)東京 恵比寿リキッドルーム(完売)

その中でも、大阪と東京公演は満員御礼となっている。ツアー前にメンバーからのコメントが公開されており、鈴木氏はレア曲も演奏したいとの発言もみられる。

※ツアー前のコメント

筆者は14日の名古屋公演と最終日の東京に参加している。名古屋公演については、帰省した際に家族とともに参加している。

※名古屋公演の貼り紙

セットリストで見ると、名古屋公演の方がレア曲が多い印象である。「人間椅子倶楽部の集い」が東京でしか開催されないため、その際に演奏されたレア曲が地方で演奏される傾向がある。

1曲目はあえて新譜からではなく「新調きゅらきゅきゅ節」。1月のツアーを思い出させる選曲で、人間椅子の今の勢いが継続していることを象徴しているようで、印象的な1曲目だ。

名古屋では「みなしごのシャッフル」「黒い太陽」など、後藤マスヒロ期の懐かしい楽曲を演奏。筆者は名古屋でマスヒロさんがドラマーの頃のライブを観ているため、懐かしい気持ちとなった。

20日はナカジマノブ氏の誕生日であり、アンコールのタイミングでケーキが用意された。和やかなムードもありつつ、充実のライブであった。

※東京公演の貼り紙

※ロケットニュース:恵比寿リキッドルームレポート

【ライブレポート】二度目のデビューといっても過言ではない! 勢い止まらぬ熟年ロックバンド「人間椅子」 渋公出演決定ッ!!
デビューから25年を経て、衰えるどころかますます輝きを増しているロックバンド、人間椅子。2014年6月25日に新譜『無頼豊饒』をリリースし、8月20日から全国10カ所のリリ …

※激ロック:恵比寿リキッドルームレポート

人間椅子 2014.09.20 @恵比寿LIQUIDROOM | 激ロックライヴレポート
人間椅子 2014.09.20 @恵比寿LIQUIDROOM | 激ロックライヴレポート

※BEEAST:恵比寿リキッドルームフォトレポート

【PHOTOレポ】人間椅子「二十五周年記念ツアー ~無頼豊饒~」 | Web Rock Magazine BEEAST
【PHOTOレポ】バンド生活二十五年!人間椅子、ツアー最終日@恵比寿リキッドルームのレポ!

・9/14 ワンマンツアー『無頼豊饒』@Electric Lady Land

no. タイトル
1新調きゅらきゅきゅ節
2地獄の料理人
MC
3悉有仏性
4
MC
5生まれ出づる魂
6みなしごのシャッフル
MC
7隷従の叫び
8太陽黒点
MC
9グスコーブドリ
10死神の饗宴
11黒い太陽
MC
12宇宙船弥勒号
13地獄
14迷信
15針の山
En.1
16リジイア
17地獄風景
En.2
18なまはげ

・9/20 ワンマンツアー『無頼豊饒』@恵比寿リキッドルーム

no. タイトル
1新調きゅらきゅきゅ節
2りんごの泪
MC
3悉有仏性
4
MC
5地獄の料理人
6幻色の孤島
MC
7隷従の叫び
8太陽黒点
MC
9結婚狂想曲
10死神の饗宴
11深淵
MC
12宇宙船弥勒号
13地獄
14迷信
15針の山
En.1
16リジイア
17地獄風景
En.2
18なまはげ

『現世は夢~25周年記念ベストアルバム~』発売

恵比寿リキッドルーム公演の際に、25周年記念のベスト盤、スコアの発売、そして年明けの渋谷公会堂公演の告知があった。

ベスト盤としては5年ぶりであるが、密度としては非常に濃い5年間である。『未来浪漫派』~『無頼豊饒』の4枚分が加わり、さらに新曲が4曲加えられている。

またインディーズ盤(通称”0thアルバム”)に収録されていた「陰獣」「神経症I LOVE YOU」が初収録となった。以前から「神経症I LOVE YOU」が好きだったので、リマスターされた音源は有り難い。

注目は新曲「地獄への招待状」「悪徳の栄え」「悲しき図書館員」「宇宙からの色」である。この4曲で人間椅子を表すような様々なタイプの楽曲が入っている。

「地獄への招待状」はモーターヘッドのような疾走感のあるメタル。「悪徳の栄え」は和嶋氏お得意のダーティな雰囲気の楽曲で、「莫迦酔狂ひ」「阿片窟の男」を思い起こさせる。

「悲しき図書館員」は鈴木氏らしいハードロックで、メロディが印象に残る佳曲だ。そして代表曲となった「宇宙からの色」は、プログレ色もありつつ、シンプルなハードロックでもある名曲。

アルバムは2枚組だが、実に分け方が良い。1枚目は初期から、苦しい時代をまとめたもので、アルバムとしては0th『人間椅子』から13th『瘋痴狂』までをコンパクトにまとめている。

2枚目は変化の兆しが見えた14th『真夏の夜の夢』から、ブレイクし始めた18th『無頼豊饒』まで。2枚目を聴くと、人間椅子の近年の盛り上がりを思い出せるような内容となっている。

とてもわかりやすく人間椅子の歴史を感じられる作品となっている。

※和嶋氏からのコメント

「現世(うつしよ)は夢~25周年記念ベストアルバム~」和嶋コメント / 人間椅子 - 徳間ジャパン
レコード会社、徳間ジャパンコミュニケーシ...

・25周年を記念し、25名の著名人からお祝いコメント

人間椅子25周年 | 徳間ジャパン
バンド生活25周年を迎えた「人間椅子」へ、25&#21...

・ガジェット通信:祝バンド生活25年! 人間椅子インタビュー「僕達ずっと青春をやってるんだなって改めて思う」

祝バンド生活25年! 人間椅子インタビュー「僕達ずっと青春をやってるんだなって改めて思う」 | ガジェット通信 GetNews
祝バンド生活25年! 人間椅子インタビュー「僕達ずっと青春をやってるんだなって改めて思う」

ベスト盤インストアイベント

今回のベスト盤発売に際しても、インストアイベントが行われた。

新宿店のイベントに参加した。トークとメンバーレアグッズ(限定数)抽選プレゼント大会、そして直筆サイン色紙手渡し会、という豪華なものだった。

あまり内容の記憶は残っていないが、21時からスタートという遅い時間のイベント。当時はメンバーも高円寺周辺に住んでいたと思われ、近場の新宿だからこそできたのだろう。

※イベント終了後のステージの様子

「帰ってきた人間椅子倶楽部 vol.02」

早くも12月16日に「帰ってきた人間椅子倶楽部vol.02」が行われた。前回は夏の時期、今回は冬の時期ということで、こたつに入って見た目からもまったりとした放送だった。

簡易に演奏も行われるなど、少しずつ番組に慣れている様子も見られた。なお番組の配信後のコメントが残っている。

アーカイブが残っていないのが残念だが、こちらも下記の記事にて内容をまとめている。

メディア情報

2014年は大幅に雑誌やWebメディアへの露出が増えた年だった。ここでは現在も残っているWebメディアの記事をまとめて掲載した。

一部には内容についてコメントを付している。

・BEEAST 「ROCK SAMURAI STORY」:メンバーごとの長めのインタビューが読める。

ナカジマノブ

ROCK SAMURAI STORY 人間椅子(Part1) | Web Rock Magazine BEEAST
人間椅子の活動をさらに深堀する個別インタビュー、Part1はナカジマノブが登場!

鈴木研一

ROCK SAMURAI STORY 人間椅子(Part2) | Web Rock Magazine BEEAST
人間椅子の活動をさらに深堀する個別インタビュー、Part2は鈴木研一が登場!

和嶋慎治

ROCK SAMURAI STORY 人間椅子(Part3) | Web Rock Magazine BEEAST
人間椅子の活動をさらに深堀する個別インタビュー、Part3は和嶋慎治の世界観に迫る!

・ベストフンドシストアワード2013受賞について

【快挙】メンバー全員ふんどし着用のロックバンド『人間椅子』がベストフンドシスト賞を獲得! ふんどしパワーで1300人を魅了
今年バンド生活25周年を迎えるロックバンド「人間椅子」が快挙を成し遂げた。四半世紀にわたる活動も十分スゴイのだが、おそらくこの先どのバンドも手にすることがないで …

・BARKS【インタビュー】人間椅子、バンド生活25年 貫いた信念「ロックは自由。その気持ちを忘れなければ、豊かになれる」

2014年時点でも、人間椅子のキャリアに注目し、信念を貫いて自分たちの音楽を続けてきたことに触れた記事も出始めている。

【インタビュー】人間椅子、バンド生活25年 貫いた信念「ロックは自由。その気持ちを忘れなければ、豊かになれる」 | BARKS
25年のキャリアを積んでもなお、人間椅子の出す音は何も変わらない。流行り廃りはめまぐるしく、音楽を取り巻く環境も激変しつつある中で、特異な位置にひょうひょうと存在する人間椅子は、何を考え何を感じ、どこを見ているのか...

・Real Sound:“絶頂期”を迎えるベテランバンドが増加中 エレカシ、怒髪天、人間椅子らが今輝く背景とは

“絶頂期”を迎えるベテランバンドが増加中 エレカシ、怒髪天、人間椅子らが今輝く背景とは
結成25周年にして勢いを増している人間椅子。会場には若年層のロックファンも多かった。(撮影:KASSAI / 3PO DESIGN WORKSHOP) 今年25周年を迎える人間椅子がワンマンツアー『バンド生活二十五年~猟奇の果~』のファイナル公演を1月18日に東京・TSUTAYA O-EASTで行っ…

・和嶋氏とシソンヌのじろう氏との対談

人間椅子「無頼豊饒」発売記念、和嶋慎治×シソンヌ・じろう対談 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー
シソンヌ・じろう、憧れの和嶋慎治と初対面

・【ナカジマノブの「ダムと俺!」】:ナカジマ氏が自身の趣味であるダムについて語る動画シリーズで、熱量の高さが面白い。

・激ロック:和嶋氏へのインタビュー

人間椅子| 激ロック インタビュー
-和嶋さん、今日はOzzfest Japan 2013(※人間椅子出演)のTシャツ着てますね。 いや、次に撮影の取材があるもんで、この話でもしようかなと。 -普段から愛用してるのかと思いました。 いやいや、恥ずかしくてとてもそれは......(笑)。 -では、いろいろと話を聞きたいんですが、まず今回の紙資料に25周年と...

・激ロック:メンバー全員からのコメント動画

・Real Sound:人間椅子・鈴木研一が影響を受けた10曲「2010年代も真ん中なのに、70年代HRに惹かれちゃう」(全編)

人間椅子・鈴木研一が影響を受けた10曲「2010年代も真ん中なのに、70年代HRに惹かれちゃう」
音楽性を深化させながらハードロック一筋に突き進み、今年、デビュー25周年を迎えた人間椅子。ヘビーなギターリフを刻み続けるリーダーの和嶋慎治、白塗りのペイントでうねるベースラインを生み出す鈴木研一、パワフルなドラミングでバンドを支えるナカジマノブ。問答無用のサウンドで圧倒する彼らが、ニューアルバム『無頼…

・Real Sound:人間椅子・鈴木研一が最新作を語る「ハードロックはリフが命だけど、リズムひとつで別の曲になる」(後編)

人間椅子・鈴木研一が最新作を語る「ハードロックはリフが命だけど、リズムひとつで別の曲になる」
 音楽性を深化させながらハードロック一筋に突き進み、今年、デビュー25周年を迎えた人間椅子。ニューアルバム『無頼豊饒』のリリースを記念し、前編の「人間椅子・鈴木研一が影響を受けた10曲『2010年代も真ん中なのに、70年代HRに惹かれちゃう』」では、バンドを代表して鈴木研一に、これまでの人生で最も…

・海外のサイト①

Cirith Ungol's Monstrous Heavy Metal Is Eternally "Half Past Human" (Interview)
With their new EP of re-recorded long-buried material releasing next week, Cirith Ungol is well along into a reunion that is perhaps one of heavy metal's most s...

・海外のサイト②

Cirith Ungol's Monstrous Heavy Metal Is Eternally "Half Past Human" (Interview)
With their new EP of re-recorded long-buried material releasing next week, Cirith Ungol is well along into a reunion that is perhaps one of heavy metal's most s...

・ナタリー:カップリングは人間椅子ワジー曲!上坂すみれ新シングル収録曲詳細、カップリング曲「冥界通信~慕情編~」は和嶋氏が作詞・作曲・編曲(演奏:人間椅子)

カップリングは人間椅子ワジー曲!上坂すみれ新シングル収録曲詳細
12月10日にリリースされる上坂すみれのニューシングル「閻魔大王に訊いてごらん」の収録曲が発表された。

・人間椅子 和嶋慎治 × THE STARBEMS 越川和磨 対談

和嶋×越川 対談 | 徳間ジャパン
TEXT:荒金良介 ■2人を繋ぐ赤い糸?!和嶋 (テー&...

・Mikiki:人間椅子 『現世は夢~25周年記念ベストアルバム~』 人間椅子の歩みと旅する怪奇幻想ハード・ロック人生すごろく!!

人間椅子 『現世は夢~25周年記念ベストアルバム~』 人間椅子の歩みと旅する怪奇幻想ハード・ロック人生すごろく!! | Mikiki
【'87 ふりだし】 高校の同級生だった和嶋慎治(ギター/ヴォーカル)と鈴木研一(ベース/ヴォーカル)で結成。ブラック・サバスなどのブリティッシュ・ハード・ロック(以下BHR)+大正~昭和初期の日本の怪...

対バン・イベント情報

2014年もイベントや対バンが多数あった。イベント名のみになるが、以下に示している。

この中で筆者が参加できたのは、「YATSUI FESTIVAL! 2014」のみである。

・3/20「abura derabu」(ZAZEN BOYSとのツーマン)@TSUTAYA O-EAST

・5/25「OWARI METAL FEST 2014」@名古屋 E.L.L

・6/21「YATSUI FESTIVAL! 2014」

・7/12「祝20周年!犬神まつり千秋楽」@O-EAST

※Marshall Blogのライブレポート

祝20周年!犬神まつり千秋楽<前編>~人間椅子登場
先日もレポートした犬神サアカス團の結成20周年を記念するツアーが千秋楽を迎えた。...

・7/20「鋼鉄和洋折衷」@仙台CLUB JUNKBOX

・7/21「AOMORI ROCK FESTIVAL’14~夏の魔物~」

・9/7「OTODAMA’14~音泉魂~」

・9/23「大冠祭り2014〜メタル縛り〜」@川崎クラブチッタ

・9/28「Cross.S (クロスエス)」@青森県弘前市土手町

・11/30「CHIBA LOOK 20+5th ANNIVERSARY」八十八ヶ所巡礼との対バン@千葉LOOK

・12/12「怒髪天 presents ”響都ノ宴”」サブタイトル『怒女王ノ椅子』(イカリジョオウノイス)@京都磔磔

※BEEASTのライブレポート

【NEWS】怒髪天、京都の恒例イベントで人間椅子、女王蜂、キュウソネコカミらと連日熱演 | Web Rock Magazine BEEAST
怒髪天の恒例イベント『響都ノ宴』、大盛況のうちに終幕

※Rooftopのライブレポート

【ライブレポート】怒髪天の恒例イベント『響都ノ宴』、大盛況のうちに終幕! - レポート | Rooftop
12月12日より3日間にわたり、京都・磔磔にて『怒髪天 presents “響都ノ宴”』が行われた。怒髪天が“今、最も対バンしたい相手”をゲストに....

2014年に感じていたこと

2014年はさらに人間椅子の活動が活発になった年だった。メディア露出やCDショップでの展開、ライブでの動員も大きく広がっていった1年であったように思う。

2014年はそう言った意味で、重要な年であった。そのためできるだけ多くのライブやイベントに駆けつけようと決めて、たくさん参加できたと思う。

ライブについては、少しずつ選曲にバリエーションが出てきたように思う。ファンの獲得から定着が進み始めた時期で、定番だけの選曲から広げていったのではないかと推測している。

ただ個人的なことでは、12月のベスト盤が発売された後に、転んで歯を大けがしてしまった。そのため、遠征する予定だった12月12日の怒髪天の企画ライブに参加できなかったのは残念だった。

やはり健康第一なので、日ごろから気を付けて暮らしたい。

次ページ「2015年の出来事、渋谷公会堂公演そして筋肉少女帯とのコラボも…!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました