ジャパハリネット解散の真相

スポンサーリンク

真相という訳ではありませんが、「音楽と人」にかなり赤裸々に解散の理由がベースの鹿島さん(リーダー)によって語られていました。これまでの記事では一番詳しいのではないかと思います。

やはり思った通りだったという感じです。何となく記事から読み取ったことをまとめてみます。

1.音楽に対する考え方の違い

これが一番書かれていましたね。リーダーは音楽を極めたいという志を持っていましたが、バンドのメンバーの中にはそのように捉えていない人もいました。しかしリーダーはそれを悪い事とは言わず、考え方の違いであるとしました。結果的にバンド内の温度差が出来て解散になりました。

2.松山を出るかどうか

当然ですが音楽を幅広くやるためには東京の方が良いでしょう。もっとバンドを活発に(営業的にもだと思いますが)するために、リーダーは東京に行く事を提案しました。しかし賛同したのはドラムのりょういちさんのみ。これではバンドは続きません。私はジャパハリを最初見た時に、2人と2人に見えました。その2人とは東京へ行くと言った2人です。その2人(ベース、ドラム)が人間的に大きく変わっていった人だとも書いてありました。しかし元々のジャパハリはボーカルのけんじろさんの少し脳天気な勢いのあるイメージでした。そのイメージの中で鹿島さん、りょういちさんは苦しんだ面もあったようです。

3.けんじろさんの結婚

これは理由ではないですが、リーダーはけんじろさんとやはり人間的な違いを感じたようです。リーダーはやはり音楽を極めることに喜びを感じており、バンドの存続に頭を抱えていたようです。しかしその中でけんじろさんは結婚しました。リーダーには怒りも少しはあったようですが、「音楽やバンドに対する思いは自分とは皆違うのだ」と感じたようです。1の理由と繋がりますが、やはりバンド解散の理由を一言で言えば「音楽性の違い」ということでしょう。

やはりジャパハリは東京へ行ったら良かったとは感じますね。しかしそれもバンドが決めたことなので仕方ありません。

さてラストアルバム「夢色ロジック」を聞くとしますか。

※2020年3月27日追記

↓新たに再結成後のことも書いています。

↓クリックしていただけるととても嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

音楽ランキング


コメント

  1. より:

    ジャパハリさいこー

  2. 2 より:

    やったぜ❗️再結成❗️

タイトルとURLをコピーしました