人間椅子日記まえがき(2000年以前)

スポンサーリンク

人間椅子のファンであることは何度もこのブログで書いてきた。

今回は「人間椅子日記」と題して、僕が人間椅子のファンを始めた時期から順に、その時の人間椅子の動向や僕が行ったライブなどについて、思い出すままに書いてみようと思う。

しかし比較的最近であれば、サイトに情報が残っていたりするので、正確な情報と併せてお伝えできるのだが、いかんせん古いものはデータが残っていないものがある。

そのためこの「人間椅子日記」は詳しい情報の記録というよりは、筆者から見えていた人間椅子について書いていこうと思う。

不定期に気の向くままに書いていくので、どうかゆるりとお付き合いいただきたい。

初回は2000年以前、まだ人間椅子について知らない時期のことを「まえがき」として書いた。

・「イカ天」で人間椅子を知った両親

人間椅子が「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演したのが、1989年のこと。

僕はまだ1歳であり、当然知る由もなかったが、両親がそのテレビ出演を見て、すぐさまファンになったとのこと。

しかし田舎だったこともあり、なかなか情報も入ってこなかったらしい。

陰獣」が聴きたかったと思うが、最初に買ったのは『人間失格』だったそうだ。

インディーズ盤(通称”0th”)は後になって購入した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間失格 [ 人間椅子 ]
価格:2110円(税込、送料無料) (2020/4/3時点)

人間椅子の楽曲は子どもには難解であるために、聴かせていなかったようだが、わかりやすい曲だけは、と言って「りんごの泪」「賽の河原」辺りは聴かせていたようだ。

実際、大きくなってから「りんごの泪」を聴いた時に最初に思ったのが、「懐かしい!」ということだった。

ちなみに『人間失格』の特典ステッカーがあったが、小さい頃の僕はシールを貼るのが大好きだったため、冷蔵庫にステッカーを貼ってしまった。

はがすこともできず、冷蔵庫の廃棄とともにステッカーも泣く泣く捨てられてしまった。

そこから『桜の森の満開の下』『黄金の夜明け』『羅生門』とアルバムは買い続けていたようである。

ただライブには行っていなかったそうだ。

・90年代後半のこと

そして人間椅子がインディーズになってから、レコード会社を転々としていた90年代後半は、とにかく情報の手に入りにくい時代で、その頃のアルバムは1枚も家になかった。

その頃の我が家ではJ-POPを聴いていることが多かった。

やっぱり90年代後半はテレビでヒットチャート番組を見て情報を知るということが中心的だった。

僕もその頃に音楽を少しずつ聴き始めていた。

また当時の僕は「王様」の『深紫伝説』がとてもお気に入りだった。

『深紫伝説』はディープパープルの楽曲を日本語直訳で歌ったものだ。

演奏は完璧、歌はヘン、というのが面白くて、毎日のように聴いていたのを思い出す。

僕のハードロック体験の最初は王様なのだった。

だからレッドツェッペリンやディープパープルは、どうしても王様の直訳の方がしっくり来てしまう。

少し人間椅子から話がそれたが、そんなハードロックの素養も身につけたところで、2000年になったある頃、両親がCDショップで人間椅子の『怪人二十面相』を発見した。

まだ活動が続いていたことに驚きながら、アルバムの出来の良さに両親は感動していた。

そしてどういう訳か、小学6年生となった僕も人間椅子にすっかりハマっていくのであった。

↓次に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました