2003年結成の新潟発アイドルNegiccoはなぜ解散することなく続いてきたか? – グループの歩みと魅力、そしてこれから

スポンサーリンク

今回スポットを当てたいのは、新潟県を中心に活動するアイドルグループNegiccoだ。

サトウの鏡餅など、テレビCMで見かけた、という人も多いのではないだろうか。

Negiccoは結成2003年で、実に今年で17年目に突入したアイドル・グループである。しかも現在のメンバー3人は、結成当初から在籍しており、メンバーも変わっていない

かつて「アイドル戦国時代」と言われた時代があり、その当時に活動していたアイドルの中にはメンバーチェンジ、解散などが相次いで起こってきた。

Negiccoも決して順風満帆とは言えない活動歴を持ち、飛び抜けた売れ方をして注目をされたアイドルではない。

それでも解散することなく続いてきた理由と、その魅力に迫っていきたいと思う。

そして、近年は個人活動の増加やメンバーの結婚など、新しい時期に入ったように思われる。Negiccoのこれからについて、少し個人的な考えを最後に述べてみた。

1ページ目にはNegiccoのこれまでの歩み、2ページ目になぜ解散せずに続けられたのか、そしてNegiccoのこれからについて書いている。

スポンサーリンク

Negiccoとは?

Negiccoは、新潟県を拠点に活動するアイドルグループである。当初はご当地アイドルとして活動を始めたが、現在は活動の幅を広げている。

結成は2003年で、今年で活動17年目に突入しており、同メンバーで活動継続しているアイドルとしては歴が最も長い

(青森県のご当地アイドル、りんご娘は2000年結成だが、メンバーが全員入れ替わっている)

※アイドルの活動歴の長さについては、以下の「NIKKEI STYLE」にて紹介されている。

「卒業しない派」アイドルが拡大 活動歴10年超えも|エンタメ!|NIKKEI STYLE
アイドルが相次ぎ卒業、解散する一方で、最近はグループから「卒業しない派」の活躍も目立っている。そこで、グループアイドルの在籍年数を一覧にしたのが表。今や活動歴が10年を超える女子アイドルは珍しくない。最長はNegicco結成以来のメンバーであるNao…

まずは、Negiccoのメンバーと歴史を紹介したい。

メンバー

Negiccoのメンバーは、Nao☆・Megu・Kaedeの3人である。

※なお過去には4人時代があり、Miku(2003-2006)、Misaki(2006-2008)が在籍した。

Nao☆

  • 生年月日:1988年4月10日
  • 血液型:O型
  • メンバーカラー:イエロー
  • 愛称:なおなお☆、なお☆ちゃん

Negiccoのリーダーであり、立ち位置はセンター。ライブでは他人のギャグを引用することが定番化している。

イラストを描くのが好きで、グッズのデザインを行うことがある。2019年7月には自身初のアートブック「nanohana*book」を発刊。

Megu

  • 生年月日:1989年6月3日
  • 血液型:AB型
  • メンバーカラー:ブルー
  • 愛称:ぽんちゃ

立ち位置は上手(客席から見て右側)で、ライブ時には「こんばんネギネギ~」とMCを切り出す。DJ Meguとしてクラブイベントに出演することもある。

CURRY RICE RECORDSと言う架空レーベルに所属し、2019年6月に30組のアーティストとコラボして30種類のTシャツを企画・販売した。

Kaede

  • 生年月日:1991年9月15日
  • 血液型:B型
  • メンバーカラー:ピンク
  • 愛称:かえぽ

立ち位置は下手(客席から見て左側)で、2019年よりソロ歌手活動を行う。シングル4枚、ミニアルバム1枚、アルバム1枚をリリースしている。

2010年に新潟大学工学部に入学している。2015年に新潟薬科大学の特定研究員に任命された。

Negiccoの歩み

この項では、2003年~2020年現在までのNegiccoの歴史を振り返る。NegiccoオフィシャルサイトWikipedia情葱大陸(Youtube)等を参考に作成した。

・2003年

新潟の名産ネギ「やわ肌ねぎ」PRキャンペーンのため1か月限定で結成。Nao☆、Megu、Miku、Kaedeの4人組だった。

・2004年

そのまま活動を継続することとなり、9月にNHK総合テレビ「ポップジャム」に出演し。10月「恋するねぎっ娘」の全国流通盤をリリース。

その後継続してプロデュースを行うconnie氏による初の提供曲「トキメキ★マイドリーム」が「恋するねぎっ娘」に収録された。

・2005年

所属するタレント養成スクールが閉校し、活動の母体を失ってしまう。ライブハウス経営を行っていた熊倉維仁氏がNegicco専属マネージャーとなる。

同年、第1回古町音楽祭出場「Falling Stars」でグランプリを獲得。

・2006年

メンバーのMikuが卒業し、Misakiが加入。

・2007年

11月、「Team ECO」の応援ソング「EARTH」をリリース。広島県のローカルアイドル出身のPerfumeがブレイクしたことを受け、Negiccoもテクノポップ路線の楽曲を志向していくこととなる。

・2008年

シングル『Summer Breeze / My Beautiful Life』、『圧倒的なスタイル / EARTH』をリリース。Misakiが卒業し、以後3人組となる。解散の危機があった時期でもあったと言う。

・2009年

インターネットTV GyaOの「勝ち抜きアイドル天国」に出演し、最終週の4週目で勝ち抜けなかったものの、再挑戦する展開となる。結果、6週目でついに勝ち抜きが決定する

しかし主催するGyaOの経営が悪化し、賞金100万円は支払われず、メジャーデビューができず、「CDデビュー」へと規模縮小された。

・2010年

ようやく楽曲提供されるも、当時志向していた方向と異なる楽曲だったことで、メンバーは困惑する。

その後、ネギを意識した楽曲を受け入れ、「U.M.U AWARD全国大会」では「ねぎねぎRock ~私もお家に連れてって~」を披露し優勝。しかし副賞として約束されていた番組は1回で終了してしまう。

・2011年

タワーレコードが立ち上げたアイドル専門レーベル「T-Palette Records」に所属。Negiccoのファンでもあった社長の嶺脇育夫氏による計らいでもあった。

7月20日にミニアルバム『GET IT ON!』、11月2日にシングル『恋のEXPRESS TRAIN』をリリース。

・2012年

圧倒的なスタイル」がフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」のエンディング・テーマとなる。同年ベスト・アルバム『Negicco 2003~2012 -BEST-』リリース。

『Negicco 2003~2012 -BEST-』

・2013年

新潟県の「にいがた観光特使」に就任。5月29日に小西康陽氏によるシングル「アイドルばかり聴かないで」、7月17日に1stアルバム『Melody Palette』リリース。

『Melody Palette』

11月6日には作詞:Jane Su / 作曲:西寺郷太によるシングル『ときめきのヘッドライナー』リリース。

10月5日、新潟テルサにて初のワンマン・ホール・ライブ「Negicco Best!!! 10年分のありがとうNegicco10周年ワンマンライブ!」開催。

・2014年

4月16日には元Cymbalsの矢野博康氏によるシングル『トリプル!WONDERLAND』をリリースし、オリコンチャート16位を獲得。

7月22日にオリジナルラブの田島貴男氏によるシングル「サンシャイン日本海」をリリースし、オリコンチャートトップ10入りを目指すが、惜しくも11位。

9月6日に新潟・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 コンサートホールにて2ndワンマン・ホール・ライブ「Negicco NEXT DECADE 2014 ~奇跡を起こす!この街から~」開催。

12月2日、connie氏によるシングル「光のシュプール」がオリコン週間チャートでグループ史上最高の5位を獲得。MV撮影はフィンランドで行われた。

・2015年
2ndアルバム『Rice&Snow』発売。2月にはNHK総合「MUSIC JAPAN」に出演し、司会をPerfumeが務める中で11年ぶりにNHKホールのステージに立った。

『Rice&Snow』

8月2日にレキシの池田貴史氏による「ねぇバーディア」が発売され、オリコンチャート週間7位。

初のワンマンツアー「Negicco First Tour Never Give Up Girls!!! & Rice & Snow」(全国17ヵ所)、7月20日、埼玉・所沢航空記念公園 野外ステージにて主催ライブ「NEGiFES~Negicco 12th Birthday~」を開催。

8月16日、東京・日比谷野外大音楽堂にてNegicco史上最大規模となるワンマンライブ「Negicco at 日比谷野外音楽堂Road of Negiiiiii~Negicco One Man Show~ 2015 Summer」を行うなど、年間を通じて精力的にライブを行う。

・2016年

NEGiBANDを従えてのワンマンツアー「Negicco Second Tour “The Music Band of Negicco”」(2月~5月)を敢行。4月26日には中野サンプラザ公演も行われた。

3月29日には作詞:土岐麻子、作曲:さかいゆうによる「矛盾、はじめました。」リリース。

ツアーの間にリリースイベントが行われるなど、過密スケジュールで、Nao☆・Kaedeの2人が体調不良となり、Meguのみで行ったイベントもあった。

メンバーのKaedeはアイドルを続けるか悩んでいた時期でもあった。

「今のままでいいの?」と転職サイトに登録したNegicco Kaedeがアイドルを続けると決めるまで
新潟を拠点に活動している3人組アイドル・Negicco。2003年の結成から活動歴はなんと16年。2010年にはご当地アイドルの全国コンテストで優勝をつかみ取りました。現在は「にい...

5月24日に3rdアルバム『ティー・フォー・スリー』をリリースし、新たな側面を見せる楽曲が多くなった。

『ティー・フォー・スリー』

年の後半にも、新潟県内をめぐる「ホームでホール」ツアー、ネギの産地を回るツアー「ネギの産地でこんにちネギネギ」を行った。

ライブ活動としては、7月30日にNHKホールにてワンマンライブ「Negicco 13th Anniversary『Road of Negiiiiii ~TADAIMA~ 2016 Summer at NHKホール」、8月20日に埼玉・所沢航空記念公園 野外ステージにて主催ライブ「Negicco 13th Anniversary NEGi FES 2016」など引き続き精力的に行う。

12月20日には堂島孝平氏によるシングル「愛、かましたいの」をリリースしている。

・2017年

私立恵比寿中学との2マンライブ「私立恵比寿中学×Negicco~当日までには仲良くなろうね~」、ライブハウスワンマンツアー「SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~」などライブ活動を継続。

7月20日、2ndベストアルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』リリース。T-Palette Recordsに所属してからのシングル曲を集めたアルバムとなった。

『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』

11月11日、地元新潟の新潟県民会館にてワンマンライブ「Road of Negiiiiii ~Three Never Give Up Girls!!!~ 2017 Autumn at 新潟県民会館」を開催した。

10月7・8日で、主催ライブ「NEGi FES 2017 in 新潟 北方文化博物館」、ネギの産地を回るツアー「Autumn 2017 Tour~ネギの産地でこんにちネギネギ2~」を開催している。

・2018年

2月6日にシングル『カリプソ娘に花束を』をリリースし、『光のシュプール』に次ぐオリコンチャート週間6位を獲得。

Negiccoメンバーと暮らしているようなMVはファンの間で話題となった。

レコ発ツアーとして「SPRING 2018 TOUR~あなたの街に花束を~」を開催。

大阪と東京公演は3人のみのステージとバンド編成による2ステージ制で、6月5日にライブアルバム『Live at UMEDA CLUB QUATTRO, LIQUIDROOM』に収録された。

結成15周年カウントダウンツアー「COUNTDOWN TOUR to the 15th ANNIVERSARY『Negicco with you』」が行われた。

7月10日、4thアルバム『MY COLOR』をリリース。前作に比べ、よりバラエティ豊かな作品となった。

『MY COLOR』

11月24日、東京・中野サンプラザにて4thアルバム『MY COLOR』を「relive(追体験)」、そして「re:live(新たな形でライブ表現)」するワンマンライブ「relive MY COLOR」を開催。

7月21日には、新潟・朱鷺メッセにてNegicco結成15周年記念ワンマンライブ「love my 15years at 朱鷺メッセ」を開催した。

・2019年

1月24・26・28日に、私立恵比寿中学とのジョイントライブ(エビネギ)を3公演開催した。

Kaedeは「クラウドナイン」のリリースから本格的にソロ活動を開始。これまでの積極的なグループでのライブを控え、ソロ活動が多くなってきた時期である。

7月20日には、新潟・佐渡おんでこドームにて「Negicco結成16周年コン佐~渡!!!」を開催。

9月24日にNONA REEVESの西寺郷太氏によるシングル『I LOVE YOUR LOVE』をリリース。
あえてMVを制作せず、トレーラー映像が発売前に公開された。

マキシシングルリリースツアー「MAXI SINGLE RELEASE TOUR”MAXI”」が行われ、ツアーファイナルは東京の江戸川区総合文化センターにてバンド編成で演奏された。

・2020年

Kaedeのソロアルバム『今の私は変わり続けてあの頃の私でいられてる。』リリースや、Kaede Acoustic Live Tour 2020「on the way」などソロ活動が行われていた。

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソロのライブも含め予定されていたライブが中止となった

  • 3月21日、Negicco“LIVE RECORDING”@マイナビBLITZ赤坂
  • 7月25日、Negicco結成17周年記念Acoustic Live「葱十七」など。

8月の新潟県内をめぐる「2020夏、新潟巡り」は配信ライブ「2020夏、配信巡り」、10月3日に無料で行われる「NEGi FES FREE 2020」は無観客配信ライブとなった。

12月22日、『2020年ご当地アイドル肩書きランキングBEST20』で第10位に選ばれる。

次ページ「Negiccoはなぜ解散することなく活動を続けられたのか?そしてNegiccoのこれから」

コメント

タイトルとURLをコピーしました