あってはならないあるある

スポンサーリンク

見づらいタイトルですが、まだエレカシのファンになって2年という短期間であるがゆえに起きうる「あるある」とやらを書き並べてみたいと思います。

1.シングルのカップリングを知らない。

あるある、と言いたくなりますね。未だに「涙の数だけ」は聞いたことがありません。他の曲は動画などで見たことはありますが、フルバージョンでは聞いたことがないです。でもこの前渋谷にて「ガストロンジャー」のシングルは見つけました。

2.ファーストは知らない曲がある。

これは個人差がありそうですが、どうしてもファーストアルバムは代表曲である「ファイティングマン」「デーデ」「星の砂」「やさしさ」「花男」辺りに耳がいってしまって「習わぬ経を読む男」「BLUE DAYS」等の区別が良く分かってません。本当に。ファンとしてはダメですねー。

3.今のエレカシも平然と受け入れられる。

これは良いとは思うんですが、さすがに最初から聴いている方や「good morning」から聴いているという方は少しは抵抗があるのではないかと思います。2002~2005年辺りの動画を見ていますとますますそう思います。

4.ベストから聴き始められない。

これは初心者という訳ではないかもしれませんが、ベスト盤からエレカシを聴き始めるのはどうかと思いますね。「Sweet memory」ぐらいでしょうか、大丈夫なのは。この辺りで斉藤和義氏のごとく3枚組でベスト!とかないでしょうか。

5.イシ君はどうしてあんな弾き方になったか分からない。

いや、これは誰も知らないのでは…。でも髪を染めてからのイシ君は坊主頭の時よりカッコいいです。

色々書こうと思いましたが、案外個人的なものが多くなりそうなのでこの辺りで。

未分類
まるとんをフォローする
スポンサーリンク
自部屋の音楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました