ピカソ展に行く

スポンサーリンク

今日は早起きして…出来なかったですが、六本木の国立新美術館・サントリー美術館でやっているピカソ展に行ってきました。

やはりピカソは見るのに体力いります、というのが最初の感想ですね。しかも2カ所と言うのはなかなか大変でした。

展示は二つに分かれていながらも、時代順に並んでいてピカソの画風がどのように変わっていったのかがよく分かりました。個人的にはキュビズムや戦中の絵が好きです。特に傑作と言われるものは、感情が溢れ出てくるような感覚に襲われました。『泣く女』という作品はその色づかい、表情、構図全てに圧倒的な感情が含まれているように感じましたね。

ピカソの絵は確かに分かりませんが、でも頑張って見ようとすれば何か感じることができると思うので、気合いを入れて見て欲しいと思います。

その後下北沢でジャパハリのラストライブのDVDを探すも見つからず。どこか中古で売ってないでしょうかね。

未分類
まるとんをフォローする
スポンサーリンク
自部屋の音楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました