祭終りて

スポンサーリンク

一年に一回の「エレカシ祭」の日比谷野音が終わってしまった訳ですが、まあ最初ということで色々感じることがありました。また若干エレカシの音楽を聴く機会が減っていた時のライブだったので、少し離れた視点からエレカシの良さを再確認することができました。

やはりエレカシの良さが最大限に現れるのはライブだと思いました。CDだけでも十分感動する曲は多いですが、しかしその良さが何倍にもなるのがライブです。エレカシの場合、1枚のアルバムに収録された曲はその当時の宮本さんの気持ちが素直に表れています。そのことによって様々なアルバムの曲を集めて並べて演奏するととどうしても違和感がある、という指摘も分かりますが、逆に言えば今の気持ちが曲に反映されて新しい一面が見えるとも言えます。一つのライブでやる曲の中では(さすがに今は割と自由に曲を選べるキャリアにはなったはずで)宮本さんがやりたいと思ってやっているわけで、今の気分とは違う曲でも今の解釈で歌っているはずです。それはそれで曲の違った部分が出て面白いです。また演奏面でも録音された時の演奏が今の気分と違えば、積極的にアレンジが変えられているのも聞いていて楽しいです。

エレカシのステージの良さは何と言っても「ドーンとやろぞ!」といった気持に溢れているところでもあります。最近は特に宮本さんが高揚していくにつれてイシ君も必死に弾いている姿も見ていて感動的です。それどころか4人が今も昔と変わらず揃って演奏しているのを見るだけでももはや感動的です。おそらくそれは、彼らの懸命な姿に何の偽りもないからだと思っています。「エレカシはあの真剣さが良い」と言うと、「ミュージシャンは皆必死だ」と言われそうですが、あの紛れもない真っ直ぐさは他のバンドにはない感動を与えていると思います。

こういった感動は他では味わえないものです。なのでどうかエレカシの皆さん頑張ってください!と言いたいです。

未分類
まるとんをフォローする
スポンサーリンク
自部屋の音楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました