おうちでハードロック Budgie – If I Were Britannia I’d Waive the Rules (1976年)

スポンサーリンク
ハードロック
画像出典:Amazon

日常をいかに楽しく過ごすか、ということは心身の健康を保つ上でとても大事なことだ。

音楽は非日常的な楽しみ方もできるし、一方で日常に溶け込むものでもあると思う。

たとえば環境音楽と言う言葉があるくらい、日常に溶け込む音楽もある。

一方でハードロック・ヘビーメタルと言えば、爆音で首を振って…みたいな非日常を思い浮かべる人は多いかもしれない。

しかしハードロックの中には、日常に溶け込んでしまいそうな、良い意味でまったりとしたアルバムもある。

そんなゆったりとした気持ちで聴けるハードロックのアルバムを紹介してみたい。

Budgie – If I Were Britannia I’d Waive the Rules (1976年)


出典:Amazon

今回紹介するのはBudgieのアルバムだ。

Budgieと言えば、当ブログでも既に紹介をしているが、1970年代を中心に活動したハードロックバンドだ。

爆発的な人気のあるバンドではないが、独特なヘビーさには定評があり、Metallicaがカバーをするなど80年代以降のバンドに影響を与えている。

評価が高いのは3枚目の『Never Turn Your Back On a Friend』と4枚目の『In for the Kill』であるが、今回紹介したいのは6枚目の『If I Were Britannia I’d Waive the Rules』である。

1. “Anne Neggen”

2. “If I Were Brittania I’d Waive the Rules”

3. “You’re Opening Doors”

4. “Quacktor and Bureaucats”

5. “Sky High Percentage”

6. “Heaven Knows Our Name”

7. “Black Velvet Stallion”

4枚目までのBudgieは全体を通して陰鬱とした雰囲気が漂っているのだが、5枚目からはどことなく陽気な感じ、そしてまったりしたムードになってくる。

メンバーチェンジによるところもあると思うが、5枚目の『Bandolier』は割とハードロック色が強い楽曲、そして少しソウルっぽい要素が入り込んでいた。

そしてこの6枚目は、少し陰鬱さを取り戻しつつも、楽曲は複雑でなくコンパクトに楽しめる作品になっている。

あまりブルース色がないBugdieだが、1.と4.そして5.あたりは少しブギー調のハードロックだ。

一方で2.のプログレッシブな展開はかっこいいし、7.のヘビーなベースも新たな曲調だと思う。

一般にはあまり評価の高くないアルバムだと思うが、個人的にはとても気に入っている。

その理由が、今回テーマにした”まったり楽しめる”ということだ。

ハードに展開するところがあまりなく、一定の熱量でアルバムを通しているところが、むしろ良いところである。

あまりハードロックの褒め言葉ではないような気もするが、たとえば散歩しながら聴くとか、作業しながら聴く、とかにはちょうど良いアルバムであり、日常の中では実はこういったアルバムは貴重だ。

マニアックかもしれないが、かっこ良さもありつつ、のんびりしたムードのあるBudgieのアルバムはこの6枚目をおいて他にはないのである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

If I Were Brittania I’d Waive the Rules【中古】
価格:5174円(税込、送料別) (2020/4/29時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました