コメダ珈琲のモーニングと食べることのこだわりについて

スポンサーリンク

今日は朝から病院に行くために、1日お休みをもらっている。

そして早く終わったので、コメダでモーニングを。

今でこそ、このモーニングというシステムは関東でもメジャーになっているが、名古屋とか東海地方の独特の文化だった。

と思って、調べてみると最初にモーニングを出したのは広島市にあるカフェとの情報もあった。

知らないことはたくさんある。

コメダのモーニング

コメダのモーニングの良さは、このシンプルさである。

モーニングはこうあるべきと言う過不足のないものだ。

僕はこれ以上の料理がつくと、興ざめなのだ。

このぐらいの奥ゆかしい量が良い。

トーストも半分で切れ目が入っていて厚みのあるこのスタイル。

そしてゆで卵。

あんまりゆで卵を普段食べないのもあるが、モーニングには欠かせない。

なぜこのモーニングの形態にここまでこだわるのか。

それはおそらく小さい頃に、祖父母宅にたまに遊びに行く時、従兄弟と集まって食べたモーニングが頭に残っているからだと思う。

その時に毎回行った喫茶店で出されたモーニングが、コメダと同じメニューだったのだ。

また、だいたい朝ごはんは家で食べるものだが、外で朝ごはんを食べる非日常感。

それと従兄弟と遊んで楽しかったこと(一人っ子だったのもある)、これも思い出補正で加わっている。

外で朝ごはんを食べるというのは、今だに非日常感があって好きなので、ホテルに泊まれば必ず朝食つきにしてしまう。

こう考えるとずいぶんと食べることにこだわりがあるものだな、と気づいた。

食べる物、というより、食べるシチュエーションとか形式にこだわりがあるのだ。

取り止めもなく書いていたが、結果的に自分のこだわりに改めて気づくことができた。

優雅な朝のひと時であった。

本日の1曲

優雅なひと時にはこれが似合う。

Everything But the Girl – Missing(1994年)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Everything But The Girl エブリシングバットザガール / Amplified Heart 【SHM-CD】
価格:2530円(税込、送料無料) (2020/3/16時点)

楽天で購入

皆様も良い1日を、そして良い1週間をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました