昇れる太陽

スポンサーリンク

エレカシのニューアルバムを聴いております。

今回は前作以上に音楽的なクオリティが上がっているように感じました。それは音作りの面について多くの曲をプロデューサーに任せた点があるのでしょう。音が生き生きとしていて、ロックを基調としながらもメロディが引き立つようになっていますね。

それにしてもシングル曲のポップさに比べると、アルバム曲は骨太なロックが多いですね。これが宮本氏が言うところの「気概」というものだと考えております。今までと違うのは、それを乱暴に勢いに任せて歌うのではなく、しっかりと音楽に昇華して歌っているところにあるでしょう。

今日はタワレコ渋谷店でエレカシの展示を見てきました。エレカシに関するもので、ルーツとなっているミュージシャンのアルバムを試聴できるコーナーが良かったですね。色々借りて聴いてみようかと思いました。

また本の「風に吹かれて」では、かなり辛口の渋谷さんとエレカシメンバー全員の対談が見ものでした。その中で「音が訴えかけてない」という批評を「2」辺りの時におっしゃっていましたが、今回はそんなことないですよね?と思ってました。

それにしても展示の誤植が多すぎたのが笑えました。「愛と夢」の1曲目が「@good-bye-mama」になっていたのが爆笑。「@」って何よ(笑)

未分類
まるとんをフォローする
スポンサーリンク
自部屋の音楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました