☆第七回☆

スポンサーリンク

まだジャパハリ全曲レビューの途中ですが(覚えておられる方もいないと思いますが)先に最近のお気に入りについて書きます。

不定期更新「ポセイドンのめざめ~ブログ編~自部屋の音楽」の七回目です。

今回は正しく今ハマっている陰陽座の”最高傑作という言葉すら生ぬるい”ニューアルバム「魔王戴天」の全曲レビューをやります。長引きそうなので今日は全体的な感想+前半5曲について書きますね。

【全体的な感想】

正直試聴ではサビのメロディーしか分からないので世界観は全く分かりませんでしたが、購入後聴いてビックリでしたね。とにかくハードな曲が続くんですよ。最近の傾向としては詞の世界観に合うような音をつける「映画音楽」的な要素とキャッチーなメロディーを際立たせる要素が先行した曲が多めでした。しかし今回は「ロック・メタル」という音楽に立ち戻り、ギターリフと複数の展開を駆使したハードな曲が中心でした。私はとても良い印象を受けました。物語性が抑えられた分、聴きやすくなったのも良いですね。さらにサウンドもヘビーでギターがカチッと固まった音になっており、リフが綺麗にキマっていました。ただもう少しギターソロが突っ込んでも良かったかな、と思いました。歌部分が少ない分、ギターの見場を増やしても良かったような…。ベースは良い音でしたね。この作品の魅力はリーダー瞬火さんのメタルのセンス(曲作りや展開、曲順など)による部分が多いと思います。

一曲ずつ書いていきます。

1.序曲

つい瞬火さんはゲーム好きだろうな、と感じます。なんかボスに向かう城の中みたいな音楽ですね。アレンジもゲーム音楽風です。しかし「夢幻」~「邪魅の抱擁」のようなゾクゾク感はなかったです。

2.魔王

来ました!って感じの曲。でも今までより数段曲の質は上がっています。いつもなら同じリフやフレーズ、テンポで突き進むようなタイプの曲ですが、ソロの前の展開、ソロで静かになり、口上があり、激しいリフとともにデスヴォイスが炸裂するという怒濤の流れ。ソロも2回あって、特に後半は陰陽座らしくて良いですね。

3.黒衣の天女

既にシングルで発売されていますが、リミックスがアルバム仕様でこちらの方が良いです。アルバム全体からすれば今までの陰陽座らしさがある曲です。

4.不倶戴天

この曲を聴いた時にこの作品の世界観を見たような気がします。メタルですね~これは。ギターリフのみで始まり、ドラムのロールと歪んだベースが入って来るイントロ。サビの後のおどろおどろしいフレーズからのギターソロ。良いですね。この曲はギターソロが好きです。2人が交互にそれぞれの持ち味を出しています。特にこういった曲では狩姦さんが冴えますね。

5.覇道忍法帖

今回も出ました、忍法帖シリーズ。これは瞬火さんの展開の仕方にやられました。忍法帖の原則通りにキーはAでスタートしますが、ギターソロでBに転調!これが良い!さらにその後の黒猫さんのドラマチックなメロディーの後に瞬火さんのサビな訳ですよ。この展開には完敗ですね。それにサビのメロディーも格好いいですし。ただ忍法帖の原則は随分破られた気が…。

さて、今回はここまで。次回はいつになるやら。


未分類
まるとんをフォローする
スポンサーリンク
自部屋の音楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました